ちょうだい


最初にちょうだいをしたときは
両手を重ねるだけでしたが、

いまでは手をトントンと上下に動かし、
「ちょうだい」の手話らしくなりました。

いままで、
まわりの人が使う手話をちゃんと見て
まねるという事はしなかったので、
カムの造語?のような表現はありましたが
手話を使うことはありませんでした。

カム人生初の手話です。

この手話を覚えたての頃、
重ねた自分の両手を観察して、
ちょっと動かしてみたりして
手話の研究をしていました。

私に

これが欲しいの?と聞いてくれ
と頼み、

これが欲しいの?
と聞くと

「ちょうだい」と手話して
もらったものをまた私に手渡し

もう一度やれと。

頂戴の自主練習していました。

カムも言葉を覚え、
それを使うことで
物事がうまくいくことが楽しいみたいです。

今のところ
覚えたての「ちょうだい」は
あまりの可愛さに最強の言葉になっています。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください