花見をしながら昔を思い出す


093

漫画を描いてから公開するまでに時差があるので
もう、時期ではありませんが。

とくに今年は桜の季節が早かったです。

カムは真剣に桜を眺めていました。

過去のブログに書いたかも知れませんが、
私はカムを出産してから暫くして
突発性難聴になりました。

音が遠く感じ、
耳鳴りもしていたので
夜も眠れませんでした。

カムが未熟児として産まれ、
自宅から片道2時間以上かかる小児病院に入院したものですから
産後すぐの私には体力的にダメージだったのでしょう。

しかも搾乳するために
夜もほとんど眠れない状態でした。

結果、
いろんな人の支えがあり
なんとか聴力は戻ったのですが、
聴力が戻らないかもしれないと医者に言われた時、
すでにカムの聴力障害の事はわかっていたので

親子一緒か〜。それもいいかも。

と楽に考える事ができたのも
良かったのかもしれません。

そもそも
うちの近くに都立小児病院があったのに
なんでカムが遠い都立小児病院に入院する事になったかといいますとねぇ、
保育器がどこもいっぱいだったからなんです。

入れたらラッキーだよ、と産院の方に言われたのです。

それなのに
東京都は小児病院を減らしました。

もう、
カムが入院していた病院も、
うちの近くにあった病院もなくなってしまいました。

なんでかな〜
なんでかねぇ〜

今どうなっているんだろうな〜

障害や病気をもったお子さんのいるご家族が
苦しんでいないと良いのですが。

花見をしながら昔を思い出す」への2件のフィードバック

  1. コメントありがとうございます!
    息子が生まれてから、人はひとりでは生きていけないと実感しました。
    いろんな人の生き方をみて、勇気付けられたり発見があったりして
    前向きになれる。そう思いました。

    いいね

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください