待つ (絵日記)


「待つ」の手話は
親指以外の指を付け根から折り曲げ
指の上に顎を乗せるように顎に当てる。
(イラストのカムは手を顎に当ててるだけです)

カムはなかなか人真似をしません。
真似をすることで
いろんなことを習得していくのでしょうけど。

先日、
カムに「待って」と手話したら
ゆっくりと私の真似をするかのように
顎に手を当てました。

もちろん、
この日から手話を使うようになった!
とか
真似するようになった!
なんてことはなく、
またいつも通りのカムですが、
なんとなく兆しが見えたように思います。

カムが使う手話は「ちょうだい」だけでしたが
どんどん真似をして
自分の意思表示として手話を覚えていってほしいと思います。

ここまで長かったなぁ。

育児も
子供のその時を「待つ」ことが大切なのだと感じた瞬間でした。

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google フォト

Google アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください