暗くても平気


%e3%81%8f%e3%82%89%e3%82%84%e3%81%bf

明るいところから急に暗いところに入ると、一瞬何も見えません。
時間の経過とともに暗闇に目が慣れ、だんだんと物が見えてくるのが暗順応です。

逆に、暗さから明るさに目が慣れるのが明順応。
明順応より暗順応の方が時間がかかります。

暗順応の時間は人によって様々ですが、
若い方が早いとは思うけど、カムの場合は暗くした途端にスタスタと歩き出し、
目的地に到着しています。

なぜだろう?

暗順応がやたらと早い?

もしくは
部屋の様子を記憶していて
ものが見えない状態でも移動できる?

便利そうだな〜。

私は部屋の電気を消す少し前から片目を閉じておきます。
電気を消した時に両目を開けると、
あらかじめ閉じておいた方の目が暗闇に慣れているため
少し、ものが見えるのです。

夜中にトイレに行く時など、
明るい所にいる間に片目を閉じておくと
暗い部屋に戻っても困らないので便利ですよ〜。

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中