こんな所にごはん粒が!?


ごはん粒

カムはご飯の時に
左手でスプーンを持ち、
右手でご飯やおかずをぐちゃぐちゃ触りながら食べます。

もう12歳。
躾がなっていない!とのコメントをもらうこともあります。
確かにその通りかもしれない。

でも、この行動は
カムにとって大切な行動だと私は思います。

食べ物を口に入れるのを拒否していたカム。

↓ ↓ 離乳食スタートした時の漫画はこちら
カムの摂食指導

バナナの離乳食

いざ!試食

ぺろっ

新事実発覚

いつもの!

細かいこだわり

カムにとって、食べるということ。

おもちゃで気をそらしつつ食べさせるのではなく
カムが自分からご飯を口に運ぶようにまでなったのは
食べ物を手で触るという行動が大きなきっかけだったのです。

ご飯、かぼちゃ、豆腐、のり。
カムの大好物たちは全て
カムがよく触っている食材。
おもちゃではなく
食材で遊ぶようになってから
自ら食べるようになったのです。

耳が聞こえず、音の刺激が無い分、
感覚の刺激はカムにとって大事な情報源。

何より
カムがとても楽しんでいることだから
きっと脳にもいいはず。
知的発達の遅れがあるカムには
大事なことなんじゃないかと思うのです。

時には大人しく食べる事もありますが、
気分が盛り上がっている時のお食事風景はあまりにも派手で
ご飯つぶが飛び散ることもあります。

周りの人に迷惑をかけたり
不快感を与えてしまうかもしれない!
それは避けたいので
自宅と、いくつかの許された場所で食べるようにし、
どうしても外でお弁当を食べなくてはいけない時は
迷惑をかけないように
お弁当作りや食べさせ方に配慮しています。
(カムは食べ物のこだわりが強いので
外食はしない)

私たちが手本となり、
食べている様子から少しずつマナーを
学んでもらい、
いつかは一緒に外食できる日が来るだろう〜と
思っています。
時間はかかると思うけど。

躾や教育というのは
一人一人の特性や家庭環境などに合わせて
いろんなやり方があるものだと思うんです。

実年齢は12歳ですが
発達の遅れがあり、中身はまだまだ幼い部分もあるカム。
そんなカムも、ゆっくりですが
成長を感じさせる変化が見えてきました。

これからも
小さな子の成長を見守るような気持ちで
見てもらえたら有難いです。

*****

ランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします
↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

広告

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト /  変更 )

%s と連携中