はじめての海水浴


IMG_5878

IMG_5879

IMG_5880

IMG_5881

少し前のブログにも書きましたが、
夏*散髪!
この夏、初めての海水浴に出かけました。

海が怖いカム。

大好きなサッチ(パパのお友達)
のおんぶで海に向かう。

暑い日だったので
海水が気持ちいい。

おんぶのまま、ゆっくり
しゃがんでみたらどうかな?
と思ったら、
海に近づいていることを感知したカムは
精一杯上に伸びる伸びる⤴︎

これ以上海に近づいてはならぬ!って
マジな目をしていたので
この日はこれで終了。

すぐに砂浜に戻ったのでした。

ちなみに、
このタオル、スカートみたいにゴムが付いているタオル。
カムはこれをマントみたいに装着したがる。
(似合っていた)

学校でやっているのかな?と思って先生に聞いてみたけど
学校では特にやっていないそうで。

カムちゃん、
もしかしてマント的なものが好きなのかな?

ハロウィンの時に仮装する?
着てくれるなら作るよ?
ハロウィンに登場するマントのキャラと言ったら何だろう。
バットマン?

*****

ランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします
↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

広告

夏*散髪!


IMG_5687

散髪_2

散髪_2 2

IMG_5688

連日あっっっついので、
カムの髪の毛を切りました。

結構バッサリと。
(漫画の中では以前のままになっています)

パラパラ落ちて、
服や体についた髪の毛はいつも
コロコロで取ります。

すると
カムがティッシュを一枚取り、
私に付いている髪も毛を
丁寧に払ってくれました。

なんか美容院みたい。

このやり方の違いね。
紳士だね〜カムは。

***

*おまけ*

先日、我が家に
カムTシャツのモデルをしてくれた女の子
マロンちゃんのお母さんのヨウコさんが遊びに来てくれました。

その時に、
一緒に海に行きませんか?と誘ってくれて…

IMG_5613  IMG_5618

来ちゃった。海。蘭島です。

カムは赤ちゃんの時に
1度だけ青森の海に連れて行ったことはあるけど、
ちゃんと砂浜に降り立つのは初!

この海水浴場を見てカムは
…硬直。
怖いから行かないとアピール。

一緒に来てくれたサッチ(夫の友達です)
におんぶしてもらい、
なんとかみんなと合流。

ヨウコさんと、
マロンちゃんとマロンちゃんの彼が
テント張ったり
色々準備して待っていてくれました。

IMG_5617

砂の感触が気持ちよくて
だんだんと盛り上がるカム。

じゃあ海に行ってみる??

IMG_5619

 

またまたサッチのおんぶで
海に行ってみるが…
おんぶから降りない。

img_5623.jpg

結局砂浜に戻って来ました。
カムは嬉しそう。
ここ(砂浜)がいいんだって。

帰りの車の中でも
家に帰ってお風呂に入っている時も
ご飯食べている時も
歯磨きしている時も
ずっとケラケラ笑ってる。

すごいな。砂浜効果。

カム、いい体験ができました。

これも現地で準備して
色々動いてくれたヨウコさんやマロンちゃんと彼、
サッチのおかげだね〜。

食事の準備、後片付け、全部やってくれたヨウコさん、
本当に感謝です!ありがとう!!

またおしゃべりしたいです〜。

またカム連れて海に行こう。
次は海に入れるかな?

*****

ランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします
↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

カム、我が道を行く


前回の続きです。

IMG_5508

IMG_5509

IMG_5510

IMG_5511

サイトメガロウイルスの治療の時、
カムの意見が聞けたらな。
と感じたことを思い出した。

今まで、
補聴器をつけて音を感じて欲しい
と思っていたけど、
これは私の思いであって、
カムは補聴器をつけたくない!と強く主張している。

それならもうやめちゃおう。
カムのやりたいようにしてみよう。

と決意したのでした。

この漫画を描くにあたり、
昔の日記を見返したのですが、
補聴器をやめた後の日記を読んでみると、
「補聴器をやめて、カムの笑顔が増えた気がする。
何より、私に向ける笑顔が増えた。」

と書いてありました。
カムの希望通りにすることで
私への信頼感?のようなものを取り戻せたのかな?

そして しばらくして
カムには感覚過敏があることに気づくのです。

主に頭や口、耳。
とても敏感で触ることを激しく嫌がります。

補聴器を強く嫌がったのは
感覚過敏であったことも原因の一つかもしれません。

***

補聴器をやめ、
主なコミュニケーションは手話になりました。
手話といっても、簡単な単語や、
カムが分かりやすいように
オリジナルの手話も作りました。

あとは写真や絵カード。

これらは全て、周囲の人々からカムへの発信です。

カムからの発信手段はというと…
オリジナルも含めた2〜3語の手話。
クレーン(人の手をクレーンのように要求の場所に持っていくこと)、
それとアイコンタクト。

不思議なもので
カムは赤ちゃんの頃から
考えていることが漫画のふきだしみたいに見えるようだと
よく言われました。

目を見ると、なんとなく伝わってくるんです。

でももう少し具体的なやりとりができるよう、
手話で表現してくれる言葉が増えたらいいな。

そんなわけで
昔は補聴器を使っていましたが
現在は補聴器も人工内耳もしておりません。
なので、カムからの発語(音声言語)はありません。

普段、漫画に出てくるカムのセリフは
雰囲気で感じたカムの心の声なんです。

これが我が家のケースです。
いろんな家庭環境があって、
いろんなお子さんの性格があって、
いろんな事情があるだろうから、
いろんな選択が存在するんだと思います。

それでいいんだと思います。

次回からはいつも通りの日常漫画です。

*****
ランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします
↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

カム、補聴器と出会う


最近、カムの言語についての質問が多かったので、
カムの聞こえと言葉についてまとめてみました。

障害者手帳を取得したのが7ヶ月くらいの時。
手帳を取得し、すぐに補聴器を作りました。

赤ちゃんの補聴器、
どんなものか見たことありますか?
IMG_5403

IMG_5404

IMG_5406

IMG_5407

IMG_5408

IMG_5409

IMG_5394

カムが使っていた補聴器

IMG_5395

音を拾うのは補聴器(ブルーとオレンジの部分)で、
その音をイヤホンで聞きます。
イヤホンにはイヤモールドがついていて、
耳に安定して装着できるようになっています。

このイヤモールドは
耳の型どりをして、
自分の耳の形に合ったオリジナルを作ります。
(赤ちゃんの場合は成長に合わせて
短期間で作り直します)

カムのイヤモールドはラメ入り!

補聴器はワッペン(手作りだよ!)にくっ付けて、
安全ピンで肩に装着。

最初の頃は、
補聴器のスイッチを入れると、
あーーーあーーー!と自分の声を確認するかのように
よく声を出してくれました。

しかし、数分するとすぐに補聴器を自分で取ってしまう。

仕方ないので、
少し様子をみて、ご機嫌の時を見計らって
装着するようにしました。

補聴器は、
装着すれば子供が自然に音を理解して喋るようになる
というものではありません。

補聴器を通して入る音は、
私たちが耳にしている音とは違い、
いろんな音の聞き分けや、
音に慣れることが必要で、
子供の頃からの訓練が必要なのです。

次回に続きます〜

次回は補聴器を装着したカムちゃんのその後です。
※ このお話は12年ほど前の話です。

*****

ランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします
↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

イケメンの謎


IMG_5301

IMG_5302

IMG_5304

IMG_5305

カムは生まれてすぐに
NICU(新生児特定集中治療室)に
入院しました。

生後数日(どのくらいだったか忘れました)
カムの面会にいくと、
あら?イケメンになってる!
なんで〜?と思ったら、
風呂上がりだったらしい。

髪の毛がふわふわして
イケメンに見えたのね、きっと。

この時に看護師さんから
カムがお風呂好きだと聞かされました。

初めてのお風呂も
初めての爪切りも
看護師さんにやってもらったカム。

色々な初めての瞬間に
立ち会えなかったのは寂しいけれど、
NICUの看護師さんは本当に親切で
入院中だけでなく退院後も
初めての子育てに戸惑う私に
丁寧にアドバイスをしてくれました。

どんなに心強かったことか!

ありがとうございます。

カムは今でも風呂好きですよ〜!!

*****

カムTシャツ、品切れになっていましたが
商品が入荷しました!
こちらもよろしくお願いします!

カムズストア

*****

ランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします
↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

新しい時代


IMG_4917

IMG_4918

IMG_4922

IMG_4921

おんぶやお姫さま抱っこは今でもお気に入りだけど、
今、カムがきゃっきゃ喜ぶ
最新のスタイルがコレ!

…なんて言うんだろうか、この持ち方?
フィギュアスケートのリフトみたいな持ち上げ方が
お気に召したカム。

もう重いんで…

抱き上げる方も
注意しないとね〜

※ カムは喋りません。
カムの台詞は私が解釈した
カムの心の声です。

*****

ランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします
↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

笑顔のカムちゃん


IMG_D70435549173-1

IMG_4843

IMG_4844

IMG_4845

最初に手帳を取得したのは
生後6ヶ月の時。
当初は赤ちゃんの写真でしたが、
更新に伴い、2歳くらいの時に実家で撮った
笑顔の写真に更新。

リハビリで通っていた病院の先生に
「こんなカムちゃん見た事ない!!」と。

確かに。
毎回病院が怖くて泣いちゃうカム。

この頃のカムはシクシク泣くか、
先生を睨み浸かるか、でした。

3歳になると、
看護師さんを笑顔で誘って
診察室から脱出する技を習得するのであった。

*****

ランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします
↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

匂いつわり


IMG_4080

IMG_4087

IMG_4081

IMG_1F69074E8E30-1

妊婦だった頃のお話。

妊娠すると、
個人差はありますが
吐き気などを起こすつわりの時期があります。

私は食べ物のつわりはあんまりなかったのですが、
においつわりに悩みました。

においつわりも様々なようで
逆に匂いに鈍感になる人もいるそうです。

私はとにかく電気製品の匂いがダメになりました。

通電せずに置いてある分には
いいのですが、
いざ動き始めると
もわーっと、なんとも表現しがたい
耐えられない悪臭を感じるようになりました。

エアコンは新品だったけど
清掃してもらい、
携帯も買い換えてみたけど
悪臭はおさまらず。

家の中では
家電を使わないという選択もあるけど、
いざ外に出ると
どこからともなく
この悪臭が漂って来て
電車やバスに乗れませんでした。

しばらくして
匂いに苦しむことはなくなったけど
これをきっかけに
じわじわと電気製品を断捨離しました。

今では我が家のアンペア、かなり低いです。

*****

ランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします
↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

好きな子


IMG_3843

IMG_3840

IMG_3841

IMG_3842

保育園に入園したばかりの頃のお話。

カムちゃんに好きな子ができたらしい!!

カムが自ら椅子を持って
その子の隣の席をキープ。

カムがそんなことをするなんて!
めちゃくちゃ驚きました。

どんな子だろう?

保育園にカムを迎えに行ったら
教室が空っぽ。
みんなでお散歩に出かけたらしい。

外でみんなの帰りを待っていました。

この頃のカムは
まだ長距離を歩けず、
お散歩にいくときはベビーカーを用意していたのですが、
道のずっと向こうから
女の子と手をつなぎ
ゆっくりゆっくり歩いてくるカムの姿が見えました。

嬉しそうなカム。

可愛い女の子だ!面食いだなぁ〜
と、最初は思った。

カムが保育園の扉に興味を示し
観察を始めると、
その子も一緒に扉を眺め、
これを見ているのかな?
ここが面白いのかも?
とカムのやることに興味を示してくれました。

そんな優しい子だから
好きになったのかもしれない。

これは初恋?

*****

ランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします
↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

はじめての保育園*3


IMG_3781

IMG_3782

IMG_3779

IMG_3780

前回の続きです。
カムが5歳の頃のお話です。

体験入園から5ヶ月過ぎ、
春になってカムの保育園生活がスタート。

みんなが
『カムちゃんだ!』
と歓迎してくれ、世話までしてくれる。
カムは何の躊躇もなく
子供達のど真ん中に入っていく。

体験入園の時、
カムが帰るのを渋ったわけが
よ〜くわかりました。
みんながカムに構って可愛がってくれる。
そりゃ楽しいよね〜!

最初のうちは慣らし保育で、
短時間の保育です。

保育園へは楽しく通えていましたが、
やはり生活の変化に敏感に反応し、
食欲が落ちたり睡眠が乱れたりしましたが、
次第に安定していきました。

懐かしい、はじめての保育園のお話を
描いてみました。
さあ、春休みも終わり
新生活スタートです。
今年も楽しく過ごせますように。

*****

ランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします
↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村