カム、我が道を行く


前回の続きです。

IMG_5508

IMG_5509

IMG_5510

IMG_5511

サイトメガロウイルスの治療の時、
カムの意見が聞けたらな。
と感じたことを思い出した。

今まで、
補聴器をつけて音を感じて欲しい
と思っていたけど、
これは私の思いであって、
カムは補聴器をつけたくない!と強く主張している。

それならもうやめちゃおう。
カムのやりたいようにしてみよう。

と決意したのでした。

この漫画を描くにあたり、
昔の日記を見返したのですが、
補聴器をやめた後の日記を読んでみると、
「補聴器をやめて、カムの笑顔が増えた気がする。
何より、私に向ける笑顔が増えた。」

と書いてありました。
カムの希望通りにすることで
私への信頼感?のようなものを取り戻せたのかな?

そして しばらくして
カムには感覚過敏があることに気づくのです。

主に頭や口、耳。
とても敏感で触ることを激しく嫌がります。

補聴器を強く嫌がったのは
感覚過敏であったことも原因の一つかもしれません。

***

補聴器をやめ、
主なコミュニケーションは手話になりました。
手話といっても、簡単な単語や、
カムが分かりやすいように
オリジナルの手話も作りました。

あとは写真や絵カード。

これらは全て、周囲の人々からカムへの発信です。

カムからの発信手段はというと…
オリジナルも含めた2〜3語の手話。
クレーン(人の手をクレーンのように要求の場所に持っていくこと)、
それとアイコンタクト。

不思議なもので
カムは赤ちゃんの頃から
考えていることが漫画のふきだしみたいに見えるようだと
よく言われました。

目を見ると、なんとなく伝わってくるんです。

でももう少し具体的なやりとりができるよう、
手話で表現してくれる言葉が増えたらいいな。

そんなわけで
昔は補聴器を使っていましたが
現在は補聴器も人工内耳もしておりません。
なので、カムからの発語(音声言語)はありません。

普段、漫画に出てくるカムのセリフは
雰囲気で感じたカムの心の声なんです。

これが我が家のケースです。
いろんな家庭環境があって、
いろんなお子さんの性格があって、
いろんな事情があるだろうから、
いろんな選択が存在するんだと思います。

それでいいんだと思います。

次回からはいつも通りの日常漫画です。

*****
ランキングに参加しています。
よかったらポチッとお願いします
↓ ↓
にほんブログ村 子育てブログ 障がい児育児へ
にほんブログ村

広告